‘住宅ローンの借入期間’

ブログを読んで下さっている皆さま、

こんにちは★ 五十嵐です。

今日は、前回に続き、”住宅ローンの借入期間” についてお話したいと思います。

前回は、”住宅ローンの借入期間” は 借りられる期間の最長を選んだ方が良い

という事で、その理由として1つめは

①不測の事態に対応できるように

ここまでお話しました。

 

理由の2つめは

②返済期間を延長するのは難しい

色々な理由で返済が難しくなった時には、金融機関に相談すれば、もちろん期間を延

長してくれる事はあります。

しかし、そのために色々な書類を提出し、審査を受ける等、かなり面倒な手順があり、

その上印紙税などの費用もかかってきます。

逆に返済期間を短くする時にはどうかと言うと、繰上返済の手続きをするだけです。

手続きも、延長する時に比べてはるかに簡単です。

友人から物を借りる時などもそうですよね。

少し余裕を持って長めに借りておいて、用が済んだら予定より早く返す。

早く返す分には、良い印象ですけど、予定通りに返せないと、友人関係にも影響する

事態になりかねません。

という事で、最初から長い期間借りておいたほうが良い事になります。

 

理由の3つめは

 

③余裕が出たときに繰上返済する方がリスクが少ない

 

金融機関は予定より早く返してもらえるなら、その方がありがたいんです。

 

最長の35年で借りたからと言って、35年で返さなくても良いんです。

 

毎月余剰の出る分を貯蓄しておいて、ある程度まとまった額になったり、

 

お子様の独立や定年退職などご自分のタイミングで繰上返済を活用しましょう。

 

繰上返済する時に注意点としては、金融機関によってさまざまですが、毎回手数料が

 

発生する事があるので、気をつけましょう。

 

 

以上、繰上げ返済などにもよりますが、結果的に総支払利息は多少増えるかもしれ

 

ません。

 

それでも最長期間を選択することをおすすめします。

 

住宅購入の目的はほとんどの方が、’幸せな家庭生活を送っていくためのもの’ です。

 

お金の悩みなどの精神的な心配をするために購入する人はいません。

 

そのためにも、”住宅ローンの借入期間” は  最長期間借り入れをおすすめします!

 

 

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 不動産について | ‘住宅ローンの借入期間’ はコメントを受け付けていません。

”住宅ローンの借入期間” 

ブログを読んで下さっている皆さま、
 
こんにちは★ 五十嵐です。
 
今日は、”住宅ローンの借入期間” についてお話したいと思います。
土地を購入してマイホームを建てられる方のほとんどが、住宅ローンをご利用
されるのではないでしょうか。
”住宅ローンの借入期間” は 借りられる期間の最長を選んだ方が良い と聞いた方も多
いと思います。
 
私もそう思います。
 
以前は返済時年齢が厳しかったりしましたが、最近は、返済完了時年齢は75歳や80歳まで
 
可能な銀行ばかりです。
 
借入最長期間はほぼすべての銀行で最長35年を選択できます。
 
「ほんとうに最長でも大丈夫なの??」
「長いだけ、利息がもったいない!」
 
「定年後もローンが残ると思うと精神的に不安・・・・・」
 
こう思う人もいると思います。
 
それでも35年を選んだ方が良い理由は、
①不測の事態に対応できるように
 
返済期間を20~30年と短くすると、当然月々の返済額が上がってしまいます。
子供の教育費は高校・大学(公立・私立)等、ある程度予想して、計算してみる
事ができます。
ただ、この間に両親や家族の体調不良、交通事故などがあるかもしれません。
もしもの時に、住宅ローンの設定を高くしてしまっていると、生活費を削って
支払ったり、最悪の場合、支払いができなくなることもあるかもしれません。
不測の事態に対応できるように、毎月の負担をできるだけ少なくしておく→
返済期間を35年にする ことになります。
そして、毎月の負担を少なくしておき、余剰がでる分は将来の繰上返済の資金に
しておくことがポイントです!
他にまだ理由はありますが、それは次回にしたいと思います。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 不動産について | ”住宅ローンの借入期間”  はコメントを受け付けていません。

「アオーレ長岡」 に行ってきました。

加藤祥子です。

先日、長岡市役所に用があって、久々に数年ぶりに長岡へ行ってきましたが、
長岡市役所が、「アオーレ長岡」に変貌?している事を初めて知りました。

アリーナとナカドマ(屋根付広場)、そして行政施設が一体となった複合施設が、ゆったりした空間に配置されていて、驚かされました。

こんな素敵な職場環境で、お仕事したいな、と誰もがきっと思うのではないかなと思いました。

ナカドマでは、高校生?大学生?らが、思い思いに談笑したり、ノートを広げて学習にいそしんでいたりする姿に、のびのびと青春を謳歌しているような雰囲気が伝わってきて、とても新鮮でした。

お散歩中のお年寄りも、ゆっくり休んでいるようでした。

新潟市にもあったらいいな、と思ってしまいましたが、最近は行っていないけれども、新潟市のnext21が、それに近いのかな、とふと思いました。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 未分類 | 「アオーレ長岡」 に行ってきました。 はコメントを受け付けていません。

境界線は重要 2

ブログを読んで下さっている皆さま、
 
こんにちは★ 五十嵐です。
 
前回に続き、 ”境界線はとても重要” という事についてお話したい
と思います。
 
不動産を契約するときの 「重要事項説明書」や「売買契約書」にも
ある、境界線の明示に関係する 測量 についてです。
 測量 と言ってもいくつかの測量の方法があります。
1.確定測量図
土地家屋調査士や測量士が測量をします。
全ての隣地の方が立会をし、現地に境界ポイント入れ境界確定します。
測量図面作成をし、全員の承認の署名と捺印をした書類がセットになっ
たものです。
隣地所有者の方にもお渡ししますので、全員、境界ポイントについては、
同じ認識になります。
2.現況測量図
現況を図面化した資料のことです。
土地家屋調査士や測量士が測量します。
現況の土地に残っているポイントや目印、ブロック塀、柱など目印になる
ものをもとに判断して測量し、作成した図面になります。
隣地の方に聞いたり、過去の資料を手掛かりにしたりと、ご協力頂いた隣
地の方には、境界線は認識してはいただけます。
 
3.地積測量図
土地を分筆(区画を複数に分ける)する等、土地の表示に関する登記を
申請する時に添付する図面で、法務局に保管されています。
保管されていても、図面が古ければ測量しなおしです。そもそも図面がない
場合も多いです。
この3つの測量方法では、確定測量図を作成してもらうのが安心だと思いま
すが、既に境界杭があり明確になっていれば、他の方法でも良いと思います。
将来、隣地所有者が変わった場合でも、トラブルになることは防ぎたいです
ね (^o^)
不動産を購入する時も、売却する時も、”境界線はとても重要” という事になり
ます。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 未分類 | 境界線は重要 2 はコメントを受け付けていません。

境界線は重要

ブログを読んで下さっている皆さま、
 
こんにちは★ 五十嵐です。
 
今日は ”境界線はとても重要”という事についてお話したいと思います。
 
土地や一戸建て住宅を購入する時、重要な事はいくつもありますが、
 
その中でも、境界線の確認は必ず行う事が大事です。
私も現地調査の際には、境界線を探し確認します。
”境界線”とは自分の土地とお隣さんとの境界線のことで、
このようなものです。
 
 
 
 
他にも色々ありますが。
 
境界線が明確になっていないと、お隣同士で境界線をめぐりトラブルに
なることがあります。
 
最近は不動産取引において、売主側で測量して、図面を作成して
から引き渡す事が多くなっています。
 
このことは、契約する時の「重要事項説明書」や「売買契約書」にも、
売主側の”境界の明示義務”や”確定測量後引渡し”などとして記載があります。
 
測量と言っても、いくつかの測量の方法があります。
 
そのことについては、次回にしたいと思います。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 不動産について | 境界線は重要 はコメントを受け付けていません。

今年のゴールデンウイークは新元号「令和」の初の10連休!

加藤祥子です。

気になる天候は、前半、後半と変動模様で、一日の寒暖差が大きくなりそうです。

服装選びや体調管理に注意して、楽しい連休をお過ごしいただきたいと思います。

アーキベースとしましては、4月27日(土)、4月28日(日)、5月6日(月祝)は、土地のご契約や打合せなどの予定がありますが、基本的には4月27日~5月6日までお休みを頂いております。

子育て中の若い頃は、遠くも渋滞もものともせずお出かけをしていましたが、高齢者の事故も多く、最近は、近場で楽しんでいます。

更に、夫がこのところ腰痛で、かなり、弱っちくなっているので、お出かけは期待できません。

まずは、図書館が日曜日から休館となるので、明日はなんとか借りてこなくては、と思っています。

それを持って、近くの温泉でゆっくり、読書三昧に過ごしたい、と思っています。

また、久しぶりに3姉妹で、ランチを楽しみながら、近況を語り合いたい・・・・・

また、孫のサッカーの応援に行ってきたい・・・・・・・・・

また、家族全員10人そろってご飯を食べたい・・・・・・と。これは、それぞれ予定があるから一番難しいと思いますが・・・・・・

あっという間に、「令和」の連休が終わってしまわないよう、印象深い連休にしたいと思うのですが・・・・・・。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 未分類 | 今年のゴールデンウイークは新元号「令和」の初の10連休! はコメントを受け付けていません。

2019年 お花見!

加藤祥子です。

桜の季節になると、子供たちがまだ小さかった頃のお花見を思い出します。

私は、4人姉妹ですので、その4家族と両親の総勢で20人となり、とても賑やかでした。

時は移り、今度は2人の子供達の家族と総勢10人のお花見となりました。

更に時は移り、現在は孫達も大きくなり、それぞれ部活の練習や試合等で10人そろうことは無くなりました・・・・・。

今年は、夫婦2人で、桜を愛でながら、静かに温泉を楽しみました。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

カテゴリー: 日記, 未分類 | 2019年 お花見! はコメントを受け付けていません。

新年号が「令和」に決まりました。

加藤祥子です。

新年号が「令和」に決まりました。

{平成」に決まった時は、後に『平成おじさん!』と親しまれた小渕恵三さんの新元号発表の映像が目に焼き付いています。

当時は、「崩御による改元」ということで、万事が自粛ムードで華やかな事が無く、テレビは、通常の番組を休止して特別番組をやっていました。

{平成」になり、最初の頃は過去の事を考えるときに、あれは昭和X年だったから、何年前?ととても面倒でした。

時が移り、平成の新入社員が登場する頃になり「平成生まれが来た」と驚いたものでした!

さらに「「ゆとり世代」ということで話題になっていました。

先日お会いした方が、昭和30年のお生まれなので、平成31年で改元、「令和」30年まで行けたら、トリプルでめでたいすね、と言われていたのが、とても印象的でした。

「令和」は「退位による改元」なので、国民みんなで大いに祝福し、よき時代になるよう努めていけたらと思います。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 日記, 未分類 | タグ: | 新年号が「令和」に決まりました。 はコメントを受け付けていません。

最近のお気に入り

ブログを読んで下さっている皆さま、
こんにちは★ 五十嵐です。

待ちに待った、宅地建物取引士証が届きました(^o^)/

これから、宅建士として皆さまのお手伝いをさせて頂きたいと

っておりますので、これからもどうぞ宜しくお願いします(*^。^*)

 

今回は私の’最近のお気に入り’をご紹介いたします。

合格が分ってから、生活の中で時間の使い方が変わりましたが、
特に変わったのは、お風呂の時間です!
お風呂で音楽を聴きながら、ゆっくり入りたい(*^。^*)
↑これ、ご存知の方も多いと思いますが、お風呂場にスマホや
タブレットは持ち込まず、Bluetoothタイプのお風呂用スピーカーです。
防水性能が高くコンパクトで、もちろん音質もいいスピーカーです。
このスピーカーのおかげで、音楽を聴きながらゆっくりと入って、

一日の疲れをとっています。

お気に入りなのは、私だけではなく、我が家のBoy’sも(^O^)

以前はカラスの行水のようだったのに、今では歌声が聞こえ、顔が

真っ赤になるまで、のんびり入っています。

しばらく、我が家の’お気に入り’になりそうです!

 

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 不動産について, 日記 | タグ: , | 最近のお気に入り はコメントを受け付けていません。

重要事項説明の重要性!

加藤久和です。

本日は、不動産取引・契約における基本である「重要事項説明」について簡単にお話させて頂きます。

重要事項説明は、取引物件の内容や取引条件などを十分に理解・納得してもらってから契約することを目的としています。

購入を検討する中で確認していた情報と異なる説明はないか、その他気になる事実はないかなどを確認しましょう。

それには、最低でも、契約の1週間くらい前には「重要事項説明書」に目を通して頂けるように、契約までの予定を調整することが重要です。

当日に重要事項説明を初めて確認⇒その後すぐに契約では、トラブルになる可能性があります。

私どもア―キベースは、事前に重要事項説明書、契約書を十分に読み込んで頂き、不明な点、疑問点につきましては、随時お問い合わせを頂き、ご理解をして頂いたうえで、当日の契約締結に臨んで頂いております。

以上、本日は簡単な説明となりましたが、重要事項説明について、また不動産契約に関する質問など、何なりとメール等頂ければと思っています。

上記について、分かりやすく説明をしているサイトがありますので、是非、下記の「宅建協会サイト」をご参照頂ければと思います。

https://www.osaka-takken.or.jp/knowledge/2017/04/QA038.html

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ

 

カテゴリー: 未分類 | 重要事項説明の重要性! はコメントを受け付けていません。