土地探しから建築士がお手伝いするメリット①


加藤久和です。

本日は、建築士が土地探しからお手伝いさせて頂くメリットについて、私なりにご説明させて頂きたいと思います。

例としまして、新潟市中央区の土地探しについて:

新潟市中央区は人気エリアとなっているため、30坪~70坪の大きさで条件が良い土地は高値であったり、広告やインターネット等に掲載される前に、水面下(すでにお客様が待っているなど)で売買が進んでいるケースが少なくありません。

そんな状況のなか、利便性の良いコンパクトな敷地(20坪~)などは、時折安価で購入可能な場合があります。

「でも、こんな小さな土地で家が建つの?」
「住みにくそう・・・・。」
「陽は当たるの?」
「どう考えても狭いでしょ・・・。」
・・・・・などなど。

↑当然気になる点です。

<そこで宅地建物取引士であり、建築士の出番です>

私どもでは、建築専門分野の視点を踏まえ、土地の可能性、全体予算を加味し、総合的なご提案をさせて頂いております。

例えば「子供室は6帖ほしい」などご要望を頂いた場合、なぜ6帖なのか?

「6帖の使い方は?」

「どんな生活をされているか?」

を考えていくと、意外とそんなに必要無いことがあります。

また家族みんなで過ごすリビングは、確かに広ければ広いほど良いですが、平面的な広さだけではなく、空間構成や窓の配置、動線計画により、面積以上の空間を得ることが可能です。

先日もご予算2200万円(全て込み)にて、中央区で土地をお探しのお客様とご協議、ご提案させて頂き、お手伝いをさせて頂く事となりました。(※私どもは、特定におすすめする自社物件はありませんし、建築条件物件もありません)

内訳

土地≒600万円(≒20坪の土地)
建物≒1,350万円(外構、空調含む ≒19坪のお住まい)
設計監理費用≒145万円
諸経費(不動産仲介手数料、登記費用、印紙代等)≒100万円

合計≒2,200万円です。

コンパクトですが、準防火地域に計画中のハイスペックなお住まいです。

私どもは、土地の情報はもちろんですが、土地の情報を得たときから、建築士としての目線からも土地を確認しています。

コンパクトな土地は、ハウスメーカーさんの建築士でも、もちろん設計可能だと思います。ただ、空間構成の仕方、材料の使い分け、省略、サイズダウン等を行った場合でも、どうしても社内のルールから外れてしまう場面が多くなり、せっかく無駄を省いたコンパクトなお住まいを計画したとしても、かえって高くなってしまう場合があるようです。

そこで、以下のお手伝いをさせて頂いております。

1 住まいや土地に関するご要望のヒアリング

2 全体資金計画の立て方。資金検討書作成

3 有力候補敷地に対する直接ヒアリング

4 建物のボリューム検討(面積・斜線制限、駐車場計画など)

5 プランのご提案

6 銀行ローン審査のための資料作成協力

上記をもとに、コンパクトな土地であってもご満足頂けるご提案をさせて頂きます。

もちろん広いに越したことはありませんが、ご希望のイメージをお聞きして、私ども建築士は優先順位を整理しながら、ご予算に合せたご提案をさせて頂きます!

是非、土地探しの段階から、私ども一級建築士と宅建士の両面からのご提案をさせて頂きたいと思います。

本日は営業トークっぽくなってしまいましたが、建築士が土地探しから携わる事のメリットは多くあると考えています。

今後も事例を含めて、建築士としてお手伝いさせて頂いて点をご説明して参りたいと思います。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 不動産について, 建築について | 土地探しから建築士がお手伝いするメリット① はコメントを受け付けていません。

8年目のご訪問

加藤久和です。

本日は、約8年前に設計監理させて頂きました、E様のお宅にお邪魔して参りました。

外壁の剥離のご相談があり、現状確認したところ凍結による剥離と思われる現象が多数ありました。

E様、ご心配おかけしてしまい、申し訳ございません。

施工者、材料メーカー対応含め、早々に是正対応させて頂きます!

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 未分類 | 8年目のご訪問 はコメントを受け付けていません。

‘土地探し’について①

ブログを読んでくださっている皆さま、

こんにちは★ 五十嵐です。

 

今日は’土地探し’についてお話したいと思います。

土地を購入して、家を建てる人にとって’土地探し’は最初の大きなハードル

ですよね。

買い替えなんて気軽にできるものではないので、絶対に失敗したくない!と

強い気持ちだと思います。

 

新しい住まい(環境)に何を求めるのか? 求める暮らし方が実現できるのか?

○学校・スーパー・病院等が近いなど周辺環境

○駅・バス停・バイパスまで何分など交通環境

○6m道路・南道路・土地の形状など立地条件

大きさ

願望

方位

○(もちろん)価格

あげればきりがないのですが・・・・・・・・・・(+o+)

 

’土地探し’で正しい決断をするためには、”優先順位 ”を決めておく事が

重要だと思います。

自分達の求める全てを叶える事は難しいと思います(>_<)

しかし、優先順位を決めることで、自分達の暮らしがよりはっきり見えて

くることもあります。

家族で話し合って、それぞれの要望を整理し、’土地探し’の条件を決めておく

のが良いと思います。

優先順位が上位にあるもの以外は、「こうだったらいいなぁ~」というくらいの

気持ちで探すと、視野が広がってくるのではないかと思います。

 

次回は、私が’土地探し’をする上で大切だと思う事について、お伝えしたいと

思います。

 

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 不動産について | ‘土地探し’について① はコメントを受け付けていません。

住宅ローンの「つなぎ融資」って?

加藤祥子です。

住宅ローンの「つなぎ融資」をごぞんじですか?

住宅ローンの融資が実行されるまでの間、つなぎで借り入れすることをいいます。

流れとしまして、気に入った土地を選んだら、
土地の購入申し込み、住宅ローンの手続、土地契約、土地代金の決済・土地の引き渡し、建物の契約、工事着工・・・・等、と続きますが、

「土地購入の申し込み」の有効期間は、おおよそ2週間程度が一般的となっています。
事前に金融機関などで「ローンの事前審査」を依頼し、承認を得られている場合も有りますが、そうでない場合はこの間に、金融機関に「ローンの申請」をします。

またこの間に「建築する建物の大まかな建築計画、予算等」を金融機関に提示しなければなりませんので、大変タイトなスケジュールとなります。

問題がなければ、金融機関から1週間ほどで承認が得られますので、土地売買契約を締結し、ローンの本申込みをします。

土地の引き渡し時には、決済金や、登記費用、工事着手金、上棟時に支払う中間金などが必要になります。

ですが、一般的に、融資が実行されるのは建物が竣工されてからです。

そのために、「つなぎ融資」といって、住宅ローンの融資が実行されるまでの間、つなぎで借り入れることになります。

「つなぎ融資」は、住宅ローンが実行されるまでの短期間なので、金利のみを支払い、建物引き渡しの際に、実行される住宅ローンで清算をするという流れになります。

以上の流れで、お住まいの完成へと向かっていきます。

本日は、建物や土地のお話ではなく、資金の流れの中の一例として、「つなぎ融資」について触れさせて頂きました。

私どもアーキベースでは、1つ1つ、お客様に安心してお任せいただけるよう、宅建士また建築士としての専門的な事はもちろんですが、日々様々な角度からお役に立てるよう、情報を発信して参りたいと思っています。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 不動産について | 住宅ローンの「つなぎ融資」って? はコメントを受け付けていません。

新潟市民は塩ザケ、枝豆・・・・・・が大好き(^o^)  

ブログを読んでくださっている皆さま、

こんにちは★  五十嵐です。

全国家計調査で ‘新潟市が6品目で購入量1位’ という新聞記事を見ました。

:塩ザケ 焼いて食べるのはもちろん、おにぎりの具にしたりと冷凍庫に常備しています

:さや豆  時期になると枝豆は、ほぼ毎日食べてます。

:みそ  お味噌汁は毎日飲み、味噌漬け、味噌炒め等、調味料としても欠かせません。

:里芋  煮物、お味噌汁など、じゃがいも感覚で登場します。

:スイカ 私が大好きはフルーツです!夏、我が家の冷蔵庫はスイカだらけです(^^)

:清酒 唯一我が家で購入が少ない物です。でも購入している方、たくさん知ってます!

1位の6品目は、我が家でもかなり購入していました。

県内に産地があり、出回る期間が長いというのもありますが、

‘ 地産地消 ’ を意識している県民性もでている結果なのではと思います。

ただ気になる点は、購入量上位にランキングされたものは、塩分摂取量が高くなりやすい

食品が多かったそうです(+_+)

いつまでも健康で、おいしい県産品を食べれる様に、食生活に気をつけたいものです。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 日記 | 新潟市民は塩ザケ、枝豆・・・・・・が大好き(^o^)   はコメントを受け付けていません。

来年GWは何連休??

ブログを読んでくださっている皆さま、

こんにちは★  五十嵐です。

 

GWも終わってしまいましたね・・・・・。

今年は5月1・2日の平日をお休みにして、9連休という方も多かったと聞いています。

うらやましい(~o~)

連休ボケから、やっと仕事モードになっている皆さまにはなんですが・・・・・・・・。

なんと来年2019年のGWは

‘ カレンダー上も10連休 ’  になるかもしれないのだそうです!

2019年は4月30日・5月1日・2日の3日間が平日です。

皆さまご存じのとおり、皇太子さまが5月1日に新天皇に即位されます。

その日が2019年だけ、‘国民の祝日’となる可能性があるらしいです。

そして ‘ 祝日と祝日の間に挟まれた平日は休日にする ’ という規定があるそうです

5月1日が国民の祝日となった場合、4月30日も5月2日も祝日の間に挟まれた休日と

いう規定にあてはまり・・・・・・・・・・・(*^。^*)

カレンダー上も4月28日から5月6日まで、赤い休日が9日間 ならび

土曜日がお休みだと4月27日から5月6日まで‘ 10連休 ’となるのだそうです!

 

“かもしれない” という話なので期待半分で・・・・・・・・。

今は目の前の仕事に励もうと思います。

 

 

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 未分類 | 来年GWは何連休?? はコメントを受け付けていません。

村上市中継集落のしだれ桜

所長の加藤です。

連休前半最後の4月30日の朝、新潟日報の「村上市中継集落の100本しだれ桜」の記事に誘われて、思い立って行ってきました。

新潟バイパス、日本海東北自動車道を経由し、一気に道の駅「朝日まほろばみどりの里」に30分程て゛到着しました。

山菜のお店を覗き、15分ぐらいで道の駅を後にし、国道7号線を経由し、新緑の渓流沿いの山みちを走ること40分、中継集落に到着しました。

遠くまで来た甲斐がありました!

素晴らしい枝垂れ桜をみることが出来、ここまで立派に管理された中継集落の人々に感謝です。

新潟市内の桜が終り、葉桜になってしまった時期に、はからずも若葉の新緑の山々、川底が透けるきれいな渓流、最高な気分転換が出来ました。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 日記 | 村上市中継集落のしだれ桜 はコメントを受け付けていません。

体にいい事してます!

加藤祥子です。

最近カレーにはまっています。

夫も私も、3大成人病に罹患していますので、市販のカレールーはあんまり使いたくないな・・・、と思っていたところ、イオン南新潟店のカルディコーヒーファームで見つけました。

「INDIAN CURRY]というカレー粉。

ウコン、コリアンダー、チンピ、クミン、メッチ、フェンネル、シナモン、ジンジャ―等々色々な香辛料だけが入ったカレー粉です。

このカレー粉を使って、「さばカレ―」を作ります。

ニンニクとショウガをたっぷり効かせて、仕上げにリンゴを1個すりおろします。

ケチャップ、ウスターソース、しょうゆ等も入れます。

ゴロゴロに大きめに切った、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、大好きな茄子も入れます。

前の晩につくって、冷めたら鍋ごと冷蔵庫に入れて、翌日のお夕飯に食べるのですが、とてもおいしいのです。

このおいしさを娘にもと思い、おすそ分けをしましたら、「すごい!おいしい!」と言ってくれました。

息子にも食べさせたかったのですが、「さばカレ―・・・・・?」と微妙な顔をして、「結構です」と言われてしまいました・・・・・・・。

1回作ると、2食分ありますので、2日くらいしてから、又楽しめます。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

 

カテゴリー: 日記 | 体にいい事してます! はコメントを受け付けていません。

衣替え

ブログを読んでくださっている皆さま、
こんにちは、 五十嵐です。
明日からGWが始まりますね。
私が15年以上前から、この時期に必ずやる事があります。
それは ’衣替え’ です。
家族が増えてからは、全員分をまとめてします。
私は大雑把な性格なので、洋服を季節ごとに細かく分ける事はしてません(・_・;)
「春夏物」、「秋冬物」、「オールシーズン着る物」の3つのみです。
なので、衣替えとして出し入れするのは、「春夏」と「秋冬」だけ、
年2回で済みます(^-^)
入れ替える時のコツを一つ★
‘ケースを縦に置いて、下から洋服を積んでいく‘
こうして積んでいくと、洋服の重さで勝手に沈んでくれるので、
本当にたっぷり収納できますし、早く終わります。
いちど、お試しください(^v^)
大雑把な私ですが、半年間保管する前には、洗濯をして
きれいにしてからしまいます。
自宅洗濯機の おうちクリーニング モードで、
セーター、ワンピース、子供のベンチコートまでも全て
洗濯しています。
(このあたりに大雑把さがでてますね・・・・・・・。)
 
今年のGWは、後半のお天気が崩れる予報になっています。
天気が良い前半のうちに、さっとやってしまおう!と思っています。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 日記 | 衣替え はコメントを受け付けていません。

最近の現場設計監理で思う事。「職人気質」について

所長の加藤です。

私ども建築士は、建物の設計監理時において、工事に携わる多くの職人とお会いしています。

その際に、各職人の「職人気質」が薄くなってきていると感じることが多いです。

「職人気質」の職人は、設計者の設計意図を理解し、「依頼主のために最良の物づくりを提供できるか」を常に心がけ、仕事に自信と誇りをもって納得いくまで物づくりをされています。

結果、提供するものは、細かいところまで配慮された物づくりとなります。

一方、時として設計意図を意識せず、自分の経験範囲の中で自分本位に理解して作ってしまい、設計者、依頼者の意図する物ではなくなってしまうことがあります。           この場合は、当然やり直しです・・・・

また「材料合わせ部分のズレ、隙間、ササクレ、扉等の未調整ままなど・・」の状態で完成品として提供されてしまい、設計監理者として是正指摘することが多くなっています。

 

上述のように「職人気質」が薄くなってきている原因は、厳しい価格競争、短い工期の影響もありますが、背景として厳しい師弟制度を経て職人となる若者が少なくなり、自分の仕事に自信と誇りをもって物づくりに挑む姿が無くなってしまっている気がしています・・・・。

そんな時代においては、設計監理を行うものとして、「依頼者の思い」、「依頼者の思いに基いた設計者の思い」を、現場監督をはじめ、参加する全職人に十分理解をして頂く事からスタートする事が重要であると考えています。

・・・・・さて、厳しい冬の季節もあつという間にすぎ、桜が満開になったと思ったら、今は葉桜になってしまい季節の移ろいの速さを感じています。

今週末より始まるゴールデンウイークは、天気がよさそうですね。

冬期間放っておいたプランターの草花の手入れをしなければと考え、「花夢里にいつ」で色々の草花の苗を物色して楽しもうと計画致しております。

また合間に、新潟市近郷の県立鳥屋野公園・県立図書館周遊公園等においても、新緑の芽吹きを見ながら、気分転換も兼ねて散策しようかと今から楽しみにしてます。

こんなたわいもない行動も、いざ、さまざまな建築の設計時に大きく役立ってくれています。

(有)アーキベース一建築士事務所

新潟市の不動産土地情報・建築設計事務所

(不動産のページ)

(設計事務所のページ)

カテゴリー: 建築について, 日記 | 最近の現場設計監理で思う事。「職人気質」について はコメントを受け付けていません。